紅菊姫

あなたの食後の血糖値は高くないですか?


糖尿病予備群や糖尿病を発症した早期の人でも、空腹時血糖値が正常域(110r/dL未満)を示す場合も多くみられます。

 

病院の検査の時は、よく言われるのが「朝の食事を抜いて来て下さい」ですよね。

 

そして検査結果の数値が良いと「良かったよかった♪」でしょう。

 

 

しかし、糖尿病を空腹時血糖値だけで判定しようとすると、「食後高血糖」を見逃してしまう恐れがあり、気がつかないうちに糖尿病が発症したり進行したりするため、注意が必要となります。

 

「食後高血糖」では、インスリンの量や働きが低下して、体の組織でブドウ糖を十分に処理することができず、“血糖値を正常に戻す働き”が非常に弱い「耐糖能異常」の状態にあります。

 

 

さらに、耐糖能異常は動脈硬化を促進することがわかっているようです。

 

もっと怖くなりますね!

 


耐糖能異常から動脈硬化へ進展すると、脳卒中などの大血管障害を起こすリスクが高くなるので、空腹時血糖値だけではなく、「食後高血糖」もあわせて管理する必要があります。

 

こんなことを毎日管理するのは難しいのでは?

 

 

空腹時血糖値がたとえ正常であっても、食後血糖値が明らかに高い人は、死亡リスクが高いことから、「食後高血糖」は特に注意が必要でしょう。

 

>天然のインスリン